お問合わせ
会社概要
ログイン
カートに商品がありません。

現在の中身:0点

営業日カレンダー

2019年 01月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
店舗休業日 出荷・メール・電話でのお問い合わせ対応不可日です
出荷休業日 実店舗は営業してますが生鮮品の出荷は出来ません
2019年 02月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28   
店舗休業日 出荷・メール・電話でのお問い合わせ対応不可日です
出荷休業日 実店舗は営業してますが生鮮品の出荷は出来ません
 

トップ > おせち料理 > 棒鱈(カタコ)

棒鱈(カタコ)

拡大画像
  • 棒鱈(カタコ)調理例

棒鱈(カタコ)

■商品について

京都のおせち料理にかかせない、棒だら煮の主役、干し棒だらをご家庭で使いやすいようにカットしました。

一般的に売られている棒ダラは一匹まるごと開いて干したありますので、水に戻してから小さくカットし味付け調理するんどすが、水に戻すのにかなり大きな樽が必要どす。

小分けしようにも水に戻す前の本棒だらは、枯れ木以上に堅いので、切り分けるのにノコギリが必要どす。

そこで、水戻しから調理までご家庭でやって頂けるように最初から小さくカットいたしました。

小さくカットしてありますので、丸のままだと一週間程度かかる水戻しも早めに終ってラクチンどす。

【戻し方】
・容器に多めの水をいれ、棒だらを漬けて下さい。
※昔は野外で戻しましたが、最近は12月でも気温が高いので冷蔵庫で戻される事をおススメします。
・水換えを毎日して下さい。
・3日から一週間で戻ります。中まで柔らかくなったら出来上がりです。
・身に少し黄色みが残っている状態がベストです。白くなりすぎると戻し過ぎです。
※戻る時間は気温、水温によって異なります。

【よくお問い合わせ頂く事】
※戻った棒だらは「腐ってるの?」と思うぐらいけっこう臭いますが、そういうもんどす。 湯がく時に番茶を入れるなどして匂いを消すのが熟練主婦の技どす。
当家では京番茶を使用して湯がいております。

※パッケージデザインが変わる場合があります

■商品詳細

[開封前賞味期限] 約半年
[原材料] 真ダラ
[内容量] 250g
[加工地] 北海道
[お買上の目安] 2〜3人前
[ギフト対応] 対応不可
[発送方法] 常温便発送

合成保存料・合成着色料・化学調味料 無添加

商品コード : k0200
価格 : 2,667円(税込2,880円)
ポイント : 28
数量
 

北海道

  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません

節分の豆


ひやしあめ販売中


炊き込みご飯の素、ご注文はこちら


京都の地酒の通信販売



© Copyright (C)1997- 2019 GionFujimuraya Co.Ltd. All Right Reserved
祇園藤村屋 京都市東山区大和大路四条上がる廿一軒町231 TEL075(561)0617