お問合わせ
会社概要
ログイン
カートに商品がありません。

現在の中身:0点

営業日カレンダー

2018年 11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
今日
出荷休業日 実店舗は営業してますが生鮮品の出荷は出来ません
店舗休業日 出荷・メール・電話でのお問い合わせ対応不可日です
2018年 12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
出荷休業日 実店舗は営業してますが生鮮品の出荷は出来ません
店舗休業日 出荷・メール・電話でのお問い合わせ対応不可日です
 

トップ > 京のおばんざい > 要調理品 > 本塩鮭切り身 甘口

本塩鮭切り身 甘口

■商品について

「なんで京都で鮭?」と思ったはるでしょう。 

京都は内陸地やから昔は今みたいに交通の便が良くなかったさかい、新鮮な魚は食べとうても食べられへんかったんや。
そこで昔の京都人は、若狭からサバに塩をして運んで「鯖寿司」にしたり、身欠き鰊を東北から運んで「甘煮」にしたり、瀬戸内からハモを運んで(鱧は生命力が強いので活きたまま)「鱧の落とし」にして食べましたんや。 

新鮮な物が手に入らへんさかい知恵をしぼって、手間をかけてましたんや。せやさかい今でも塩干ものにはちょっとうるさいんですわ。

うちの塩鮭は北海道の本鮭しか切ってまへん。 近所の料理旅館5、6件に納めなあかんさかいしょうもないもん売れしませんねん。

 「最近の鮭は美味しないわ」と思う人、 贈り物でしょうもない鮭貰って処分に困った人、一回うちの鮭食べてみとくれやす。

当店の塩鮭をお買い求めの時は甘口=中辛、辛口=大辛とお考えの上ご注文下さい。

昔の鮭の味が忘れられんという方にお勧めします。

■商品詳細

[開封前消費期限] 約1週間
[原材料] 紅鮭 荒塩
[内容量] 一切れ約70g
[加工地] 北海道(ロシア)
[お買上の目安] 一人前
[ギフト対応] 対応可
[発送方法] クール便発送


合成保存料・合成着色料・化学調味料 無添加

商品コード : e0007
価格 : 324円(税込350円)
ポイント : 3
数量
 

北海道(ロシア)

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません

ひやしあめ販売中


炊き込みご飯の素、ご注文はこちら


京都の地酒の通信販売

© Copyright (C)1997- 2018 GionFujimuraya Co.Ltd. All Right Reserved
祇園藤村屋 京都市東山区大和大路四条上がる廿一軒町231 TEL075(561)0617